広告 eSIM/プリペイドWiFi 海外旅行向けのeSIM

【最新】ベトナム旅行におすすめの人気で安いeSIM5選を比較!

2024年1月24日

当サイトは広告を掲載しており、広告収益で運営されています。

 

悩む人

ベトナム旅行におすすめのeSIMを教えて!

 

この記事では上記の疑問に答えます。

 

この記事でわかること

  • ベトナム旅行にeSIMが便利な理由
  • みんなが選んでいるベトナム旅行で人気のeSIM5選を比較
  • 渡航期間で比較する!ベトナム旅行で最安値のeSIM
  • eSIMの設定方法と現地でのローミング切り替え方法

 

東南アジアのインドシナ半島東部にあるベトナムは、世界的な文化遺産も多く、料理も美味しいので日本人の旅行客にも人気の国となっています。

 

そして、ベトナム旅行を快適にする上で欠かせないのがスマホのインターネット通信です。

 

ベトナム旅行で通信費を安く抑えるなら別でレンタルWi-Fiか、現地SIMの購入、もしくは日本でeSIMを事前購入する必要があります。
レンタルWi-Fi、現地SIM、eSIMの違いはこちらの記事を参照。

この記事では、ベトナム旅行に人気のeSIM5選を比較し、渡航期間による料金やギガでお得なeSIMを明らかにします。

現地でのトラブルにも備えて、24時間の日本人サポートもあるeSIMも紹介するので、ぜひ最後までご覧ください。

 

ベトナム旅行におすすめのeSIM5選
eSIMサービス trifa

airalo

Holafly

Nomad SIM

TRAVeSIM

対応国数 約195ヵ国 約200ヵ国 約178ヵ国 約81ヵ国 約140ヵ国
通信事業者 Mobifone Mobifone、
Viettel
Vinaphone、
Mobifone
Viettel 非公開
最安料金 1GB/690円 1GB/4.5$ 無制限/2,400円 1GB/1,800円 6GB/1,980円
おすすめのデータ量 1GB~5GB 1GB~10GB 無制限 1GB 6GB
サポート チャット メール チャット メール 電話/LINE
受付時間 24時間 24時間 24時間 10:00~17:00 24時間
サポート言語 日本語 英語 日本語 日本語 日本語
専用アプリ × ×
テザリング
限定クーポン 初回5%割引 初回3$割引 初回5%割引 - -

ベトナム旅行におすすめのeSIMサービスを5選紹介していきます。

ベトナム旅行におすすめeSIMサービス5選

  1. 24時間の完全日本語サポートなら、trifa
  2. アジア地域におすすめの格安eSIMアプリ、airalo
  3. 無制限データプランなら、Holafly
  4. 30日間のプランが豊富、Nomad SIM
  5. 世界を旅する周遊プランなら、TRAVeSIM

最初に「べトナムのインターネット事情」と「eSIMとは何か」を解説するので、今すぐおすすめeSIMを知りたい方は下記から該当箇所にジャンプできます!

 

ベトナム旅行に人気のeSIM5選

 

ライター紹介

プロフ画像

Kouto(こうと)

App Path 管理人

  • 元モバイル販売店マネージャー
  • スマホ、光回線...通信系の営業8年
  • 海外16ヵ国を旅したバックパッカー
  • 放浪中に使ったeSIMの魅力を発信
  •  

 

実情は?ベトナムのインターネットの普及率を探る

ベトナム通信事情

実際、eSIMやレンタルWi-Fiがなくては、ベトナム旅行はできないのでしょうか。現状のベトナムのインターネット事情はどうなっているのか調べてみました。

 

ベトナムにおけるフリーWi-Fiの普及率

ベトナムの主要都市であるハノイ、ホーチミン、ダナンにはフリーWi-Fiが整備されています。

日本人の旅行客が多く利用するベトナムの主要空港にもフリーWi-Fiはもちろん完備。

ベトナムの空港 フリーWi-Fi設置状況
タンソンニャット国際空港
ダナン国際空港
ノイバイ国際空港(ハノイ)

また、空港やホテル以外でも、スーパーマーケットやカフェ、病院の施設内でフリーWi-Fiは利用可能です。

ただし、フリーWi-Fiはだれでも無料で使える反面、セキュリティ対策がないので盗聴やスキミング被害も多く発生しています。

やむを得ず使う場合は、個人情報の取り扱いには最大限気をつけなければいけません。できるかぎり、eSIMやレンタルWi-Fiなど暗号化された通信環境を利用しましょう。

 

ベトナムのインターネット回線速度

ベトナム平均実行速度

(画像引用:SPEEDTEST公式

ベトナムのインターネット通信速度を示すデータは以下を参考にしてください。

固定回線 モバイル回線
世界の平均速度 90.93Mbps 49.25Mbps
日本の平均速度 188.28Mbps 47.33Mbps
ベトナムの平均速度 107.42Mbps 49.12Mbps

上記は有名な速度チェックサイトである"SPEEDTEST"を利用した参考値です。(2023年12月時点)

ベトナムの通信速度は、固定回線が日本と比べて劣りますが、逆にモバイル回線は日本よりも高くなっています。

 

編集部

ベトナムのネットワーク環境は5Gも普及し、ここ数年で大きく改善されてきました!

 

主要なベトナムの通信事業者

ベトナムで有名な通信事業者は下記の3社です。

通信事業者 通信エリア 利用するeSIM事業者 通信速度 提供元
Viettel
(ベトテル)
airalo、Nomad SIM 107.4Mbps 国防省運営の国営企業
Vinaphone
(ビナフォン)
Holafly 91.47Mbps ベトナム郵電公社傘下
mobifon
(モビフォン)
トリファ、airalo、Holafly 86.28Mbps ベトナム情報通信省傘下

※通信エリアはnperf.comのカバレッジマップを参照(タップで開きます)

上記3社のなかで最もシェアが多いのは、Viettel(ベトテル)。通信可能エリアを見ても、人口カバー率、通信速度は主要事業者のなかでトップです。

ただ、Vinaphone(ビナフォン)やmobifon(モビフォン)も、ベトナムの平均通信速度を大きく超えており、安定した通信サービスが利用できるでしょう。

この記事で紹介するeSIMサービスも、ベトナムの主要な通信事業者であるVinaphone、Viettel、mobifone のいずれかを利用するため安心です。

 

eSIMとはスマホに組み込まれた内蔵型SIMカード

esim

この章では、ベトナム旅行で使うeSIMの特徴とメリットを明らかにし、利用する上でのデメリット・注意点も解説します。

すでにeSIMを詳しく知っている方は次の章までスキップしてください!

 

eSIM(Embedded SIM)は、物理的なSIMカードをスマホの内部に組み込んだデジタルのSIMカードです。

SIMカードには契約者を特定するための情報が記録されていて、これを通信事業者と結びつけることにより通話ができたり、モバイルデータ通信、要はインターネットができるようになります。

 

編集部

つまりSIMカードは、スマホをインターネット世界に接続するためのパスポートみたいな存在だよ!

 

そしてeSIMは、いわゆるこのパスポートをデジタル化したもの!

eSIMはデバイスの中に直接組み込まれていて、もう、SIMカードスロットは必要ありません。

そのため、SIM販売業者から郵送されたSIMを交換する手間もなく、紛失や破損の可能性もないので安心して利用できます。

 

ベトナム旅行で使うeSIMのメリット・デメリット

ベトナム旅行で使うeSIMのメリット・デメリットを解説します。

eSIMのメリット eSIMのデメリット
  •  購入~設定までオンライン完結
  •  QRコードを読み込むだけなので設定が楽
  •  国内用のSIMとデュアル回線で使える
  •  荷物にならない
  •  返却不要
  •  SIMロック解除済みのスマホのみ利用可
  •  eSIM対応スマホじゃないと利用不可
  •  eSIM1契約につき1台のスマホしか使えない

 

eSIMをベトナム旅行で使うメリット

eSIMの最大の魅力はその手軽さにあります。

レンタルWi-Fiは借りて返す作業が必要になり、現地SIMは、郵送で送られるSIMを交換する作業があります

 

編集部

eSIMなら余計な荷物も増えないし、充電切れや返却などの心配もいらないよ!

 

また、空港で契約する場合はレンタルWi-Fiや現地SIMは窓口を探して歩き回らないといけなかったり、現地だと慣れない言葉でやり取りしないといけません。

 

eSIMでは各eSIMサービスの日本語公式サイトから申し込みをして、QRコードやアプリを使った設定をしておくだけでOK。

ベトナムの空港に着いたら、スマホのローミング設定をオンにするだけでインターネットに繋がります。

国内用のSIMは挿しっぱなしでよいため、ベトナムでもデュアル回線として日本の電話番号でSMSや通話が可能です。
※デュアル回線...SIMを音声回線とeSIMをモバイルデータ回線として、2つ同時に使うこと。 eSIMと国内用SIMのデュアル回線のやり方はこちらで解説

 

eSIMをベトナム旅行で使うデメリット

eSIMは、すべての方におすすめではなく、デメリット・注意点もあります。

まず、ベトナム旅行でeSIMを使うなら、お手持ちのスマホが以下2つの条件を満たしているか確認してください。

eSIMのデメリット

  •  SIMロック解除済みのスマホのみ使える
  •  eSIM対応のスマホしか使えない
  •  eSIM1契約につき1台のスマホしか使えない

eSIMをベトナム旅行で使う上で、上記2つの注意点を順番に解説していきましょう。

 

SIMロック解除済みのスマホか

SIMロックが解除済みのスマホは、SIMフリーと呼ばれます。

SIMロックとは、元々日本の通信事業者であるNTTドコモ、au、ソフトバンクなどで購入したスマホにかけている制限で、自分が契約する通信事業者以外のSIMカードを使えなくするものです。

 

編集部

電気通信事業法の改正で、2021年5月12日以降に各通信キャリアから購入したスマホはSIMロック解除がされています!

 

自分のスマホがSIMロック解除されているかの確認方法はこちらです。

 

eSIM対応のスマホなのか

次に、自分の使っているスマホがeSIM対応かどうかです。自分の使っているスマホがeSIM対応かどうかは機種の発売日を調べればわかります

iPhoneは2018年9月発表以降の機種だから、iPhoneXS、XR世代からが対応です。AndroidはeSIMに対応していない製品もあるので、機種ごとに通信キャリア、メーカーのHPで調べるのが一番確実といえます。

具体的なeSIM対応スマホの確認方法はこちらからご覧ください。

 

eSIM1契約につき1台のスマホしか使えない

eSIMの注意点として、1つの契約にスマホ1台しかeSIMは利用できません。テザリングに対応するeSIMもありますが、通信速度が遅くなる可能性もあり、おすすめできません。

また、一度、eSIMをスマホに設定すると、他のスマホには同じeSIMを再設定ができないので気をつけましょう。

複数のスマホ・PC・タブレットを利用する場合は台数分のeSIMが必要になり、レンタルWI-Fiを借りる方が安上がりです。

 

ベトナムで使うeSIMの選び方

ベトナムでeSIMを利用する際の選び方について解説します。

 

データ容量とベトナムへの渡航期間で選ぶ

airaloのベトナム料金

(画像引用:airalo公式

海外旅行向けのeSIMサービスのほとんどは、渡航期間とデータ容量から選ぶプリペイド式です。そのため、ベトナムでの滞在期間でどれくらいギガを利用するか考えましょう。

べトナム滞在中は外出以外、ホテルのWi-Fiなどを使ってインターネットに繋げます。eSIMに求めるのは、移動と観光時間のギガ使用量です。

海外でのギガ使用量の目安に考えてみましょう。

300MB/日 500MB/日 1GB/日
WEBページ閲覧 370ページ 750ページ 1400ページ
MAP閲覧 40分 1時間30分 2時間50分
メール 120通 240通 470通
LINEトーク 7500通 15000通 28000通
LINE音声通話 5時間 10時間 18時間40分
インスタグラム投稿 20回 40回 75回
YouTube8480p) 30分 60分 113分

参考:GLOBAL WiFI公式

そして、利用期間も判断材料です。飛行機の往復を除いた期間で、どのくらいスマホをインターネットに接続するのかを決めます。

このように、ベトナムでの「ギガ容量×渡航日数」を考えると自分が使いたいプランをイメージしやすいです。

 

渡航期間の平均から算出したギガのデータ使用量で、おすすめのeSIMは下記になります。

渡航期間 ギガ通信量 おすすめのeSIMサービス
1日~3日間 500MB~1GB trifa(トリファ)、airalo(エラロ)
3日~7日間 3~6GB trifa(トリファ)、airalo(エラロ)
7日間~1ヶ月 10GB~無制限 Holafly(オラフライ)

3日間、5日間、7日間などは、1GBが600円ほどで利用できるtrifaやairaloが人気

一方で、ギガ無制限プランは2,000円程で利用できるHolaflyがハイコスパでおすすめです。

 

eSIMサービスを比較して安い料金を選ぶ

同じデータ通信量、利用期間でもeSIMサービス会社によって、料金は大きく違います

平均料金 eSIMサービス会社
格安 airalo、Ubigi、TAVeSIM
普通 trifa、Nomad eSIM、Holafly
やや高め GlocaleSIM

 

同じベトナムでも、料金が高いeSIM会社、安いeSIM会社があるので、出来るだけ料金を抑えたい方は渡航前にしっかり比較しましょう。

 

編集部

この記事では、渡航期間とギガ使用量からベトナム旅行を最安値クラスで旅できるeSIMを厳選しました!

 

eSIMの価格は、各eSIM会社とベトナム通信事業者の取り決め・為替レートによって変動します。最新料金は、各eSIMサービス公式サイトを確認してください

 

日本語のサポートがあるか

日本語のサポート体制も判断材料の一つです。ベトナムで何らかのトラブルによりモバイルデータ通信が使えないと困ってしまいます。

自己解決できないときは各eSIM会社のサポートに相談するしかありません。

しかし、eSIM会社によっては英語のオペレーターのみ・リアルタイムのチャットサポートではなくメールしか対応していない場合も。

 

編集部

すぐに問題を解決したい方は、24時間の日本語サポートがあるeSIM会社を選びましょう!

 

24時間の日本語サポートがあるeSIM事業者 trifa(トリファ)、Holafly
英語のメールサポート airalo

トリファやHolaflyは日本人オペレーターがカスタマーサポートで受付してくれます。

 

下記は、トリファのオペレーターによるチャットサポートの画面です。

一度、eSIMがの設定でお伺いしたことがありますが、3~4分ですぐに返信していただけました

日本時間が深夜でも丁寧に対応してくれるため、ベトナムに遅く着いても安心です。

 

徹底比較 | ベトナム旅行でおすすめのeSIM5選

この章では、ベトナム旅行で人気のeSIM5選を比較します。ぜひ、あなたの渡航ニーズにあったeSIMを選んでください。

 

比較表 |ベトナム旅行におすすめのeSIM5選

trifa

airalo

Holafly

Nomad SIM

TRAVeSIM

対応国数 約195ヵ国 約200ヵ国 約178ヵ国 約81ヵ国 約140ヵ国
おすすめの滞在期間 1日~30日 1日~30日 5日~60日 10日~30日 15日~30日
おすすめのデータ量 1GB~5GB 1GB~10GB 無制限 1GB 6GB
サポート チャット メール チャット メール 電話/LINE
受付時間 24時間 24時間 24時間 10:00~17:00 24時間
言語 日本語 英語 日本語 日本語 日本語
専用アプリ × ×
本社の所在国 日本 シンガポール スペイン 日本 日本

ベトナム旅行におすすめのeSIMサービスを5選紹介していきます。

ベトナム旅行におすすめeSIMサービス5選

  1. 24時間の完全日本語サポートなら、trifa
  2. アジア地域におすすめの格安eSIMアプリ、airalo
  3. 無制限データプランなら、Holafly
  4. 30日間のプランが豊富、Nomad SIM
  5. 世界を旅する周遊プランなら、TRAVeSIM

上記から各eSIMサービス詳細へジャンプできます。

各eSIMサービスの料金比較表も利用期間ごとに載せているので、ベトナムへ渡航する日数が決まっていたら参考にしてください。

 

trifa(トリファ) | 日本語のサポートがベトナムでも受けれる

(画像引用:trifa公式)

対応国 195か国以上
最安料金 1GB/7日間/690円
おすすめデータプラン 1GB~5GB
通信事業者 mobifone
テザリング対応
お問い合わせ方法 チャットサポート(日本語)
対応時間 月〜金:8:00 ~ 25:00(日本時間)
土日:24時間対応
運営会社 株式会社ERAKE(エライク)
当サイト限定クーポン 初回5%割引"O8YFFL"

トリファ - 海外旅行用に最適なeSIMならtrifa

トリファ - 海外旅行用に最適なeSIMならtrifa

ERAKE Co., Ltd.無料posted withアプリーチ

メリット 注意点
  •  24時間の日本語チャットサポート
  •  シンプルで使いやすい完全日本語対応のアプリ画面
  •  アプリで即時ギガチャージ可能
  •  5GB以上のプランはやや割高

\ アプリで渡航先の料金シュミレーションも /

trifaの公式アプリ

24時間の日本語チャットサポートあり

 

ベトナムへの渡航の際に、スマホのモバイル通信がちゃんと使えるか不安な場合はtrifa(トリファ)がおすすめ。

完全日本語対応のチャットサポートも土日は24時間体制で稼働しており、ベトナムで何かあった際も安心です。

 

trifa(トリファ)は純国産のeSIMアプリで世界195か国対応。提供元は、株式会社ERAKE(エライク)。東京都渋谷区に本社を置く日本企業です。

日本の企業が、専用アプリで展開するeSIMサービスは現在トリファのみ。アプリは完全日本語対応で、日本人が日本人向けにつくっているので使いやすいです。

もしギガが切れても、アプリから簡単にデータチャージができます。

 

編集部

トリファは1日や3日間、5日間のデータ少量プランが安くておすすめ!

 

現在、当サイト限定クーポン"O8YFFL"で初回5%割引できます!アプリのインストール後、ぜひお支払い画面で入力してください!

 

\ アプリで渡航先の料金シュミレーションも /

trifaの公式アプリ

24時間の日本語チャットサポートあり

 

トリファのサービス・使い方は下記で詳しく解説しています。

eSIMアプリ"トリファ"徹底解説の記事は👇

 

airalo(エラロ) | ベトナム含む東南アジア地域の料金が安い

(画像引用:airalo公式)

対応国 200か国以上
おすすめ地域 1GB/7日間/4.5$
おすすめデータプラン 1GB~5GB
通信事業者 Viettel、mobifone
テザリング対応
お問い合わせ方法 メールサポート(英語)
対応時間 1~2日
運営会社・所在地 Airalo(シンガポール)
当サイト限定クーポン 初回3$割引"RIJIQN9949"

Airalo:eSIMデータパック

Airalo:eSIMデータパック

Airalo無料posted withアプリーチ

メリット 注意
  •  アジア・東南アジア地域は業界最安値
  •  世界200ヵ国なので対応国が多い
  •  アプリで即時ギガチャージ可能
  •  問い合わせはメールのみ
  •  日本語のサポートはなし

\ アジア地域を格安に旅するならairalo /

airaloの公式サイト

初回3$割引クーポン"RIJIQN9949"

 

ベトナムへの短期渡航なら"airalo(エラロ)"もおすすめ!"airalo(エラロ)"は2019年シンガポール発のスタ―トアップ企業。海外旅ブロガーや国内メディアにも、多く取り上げられています。

 

海外200か国対応のeSIMサービスとしては世界最大で、アプリでギガ購入からeSIM設定が可能です。

シンガポール発祥のサービスだけあり、ベトナム含めた東南アジアは料金だけでみるとairaloは非常に安いです。短期間のアジア周遊1GB/679円~は業界最安値を誇ります。

 

アプリ内で使えるAirmoney(エアマネー)の還元率は購入の5%。Airmoneyは次回のデータ購入の割引に利用できます。

 

編集部

airaloは料金こそ最安クラスです!ただ、サポートが日本語未対応で、メール問い合わせの返信が1日~2日かかるのは注意点。

 

\アジア地域を格安に旅するならairalo /

airaloの公式サイト

初回3$割引クーポン"RIJIQN9949"

 

airaloのサービス・使い方は下記で詳しく解説しています。

eSIMアプリ"airalo"徹底解説の記事は👇

 

Holafly(オラフライ) | データ無制限がよい方におすすめ!

(画像引用:Holafly公式)

対応国 178ヵ国
最安値プラン 無制限/5日間/2,400円
おすすめデータプラン 無制限
通信事業者 Vinaphone、mobifone
テザリング対応
お問い合わせ方法 チャットサポート(日本語)
対応時間 24時間
運営会社・所在地 Holafly(スペイン)
当サイト限定クーポン 初回限定5%OFF"APPHAX01"
Holaflyのメリット Holaflyのデメリット
  •  世界178ヵ国に対応、周遊プランもあり
  •  63ヵ所に無制限データプランがある
  •  ヨーロッパ限定の音声付きプランがある
  •  中国向けにVPNもついてくる
  •  日本語対応の24時間チャットサポート

 

  •  ベトナムは無制限プランしかない
  •  アプリが日本語対応していない
  •  SMS、テザリングは利用不可

\ データ無制限&音声通話付き!178ヵ国対応eSIM /

Holaflyの公式サイト

当サイト限定5%OFFクーポンコード"APPHAX01"

 

Holaflyは対応国178ヵ国のうち、日本人旅行者に人気の63ヵ国の地域で2,400円/5日間~無制限データプランを提供しています。

ベトナムでも格安料金で、たくさんインターネットを利用したい方におすすめです。

 

また、スペイン発の会社ながら24時間の日本語チャットサポートも完備。日本のスタッフの方も務めており、ベトナムでも日本語で通信設定のお手伝いをお願いできます。

 

ただ、Holaflyのデメリットはベトナムで使える少量向けのデータプランがないところ。データプランは無制限だけで、最低利用価格は2,000円~です。

あとは、アプリが日本語未対応だったり、テザリングが利用不可だったりします。

 

まとめると、Holaflyはベトナムでも大容量のデータを使いたい人向きといえます。

 

\ データ無制限&音声通話付き!178ヵ国対応eSIM /

Holaflyの公式サイト

当サイト限定5%OFFクーポンコード"APPHAX01"

 

Holafly(オラフライ)のサービス内容・使い方は下記で詳しく解説しています。

eSIMアプリ"Holafly"徹底解説の記事は👇

 

TRAVeSIM | ベトナム含むアジア周遊プランがおすすめ!

(画像引用:TRAVeSIMSIM公式)

対応国 140か国
おすすめ地域 アジア周遊、世界周遊
最安値プラン 6GB/8日間/1,980円
おすすめデータプラン 6GB
通信事業者 AIS社側で非公開
アプリ対応
テザリング対応
お問い合わせ方法 電話/LINE
対応時間 (電話)24時間受付/(Line)12:30~20:30
運営会社 a2network Co., Ltd.
メリット 注意
  •  アジアとグローバル2つの周遊プランを提供
  •  タイ在住の日本人による日本語サポート
  •  カスタマーサポートは電話とLINEで24時間対応
  •  1カ国だけのプランは提供なし
  •  専用アプリはない
  •  追加チャージは不可、残量0なら再購入が必要

\アジア横断なら複数国で使えるお得な周遊プラン/

TRAVeSIMの公式サイト

国をまたいでも入れ替え・再設定は不要

 

TRAVeSIMは、タイ在住日本人向けに携帯電話を販売する日本企業"a2network Co., Ltd."が提供するeSIMサービス。

料金プランは、アジア(8日間)/6GBとグローバル(15日間)/6GB、2つの周遊プランしかありません。

 

ただ、アジア(8日間)プランは日本などの東アジアからベトナムがある東南アジア、そしてインドなどの南アジアからオーストラリアのオセアニア地域まで幅広くカバー。

グローバルは、アメリカ→オーストラリア→韓国→ベトナム→日本と地域を跨いでも、そのまま使えます。

 

各地域を横断できる周遊プランはTRAVeSIMだけ

8日間/6GB/1,980円で多数の国を回れるのは、非常にコスパがよく、いちいちデータ購入しなくてよいので楽です。

 

編集部

本社はタイですが、日本企業なのでカスタマーサポートも日本人が対応してくれます。

 

\アジア横断なら複数国で使えるお得な周遊プラン/

TRAVeSIMの公式サイト

国をまたいでも入れ替え・再設定は不要

 

◆TRAVeSIMの対応国

◇ASIAプラン

  • 東アジア
    日本、韓国、中国(チベット含む)、香港、台湾、マカオ
  •  南アジア
     インド、スリランカ、バングラデシュ、パキスタン、ネパール
  •  東南アジア
     タイ、シンガポール、マレーシア、インドネシア、ベトナム、ラオス、カンボジア、フィリピン、ブルネイ
  •  中央アジア・中東
     カザフスタン、モンゴル、イスラエル、オマーン、カタール、バーレーン、ヨルダン、ジョージア
  •  オセアニア
     オーストラリア、グアム

◇GLOBALプラン

※ASIAプランの地域も下記に合わせて利用可能です。

  • 北米
    アメリカ合衆国(アラスカ含む)、カナダ 
  • ヨーロッパ
    アイスランド、アイルランド 、アゼルバイジャン、アルバニア、イギリス、イギリス領ガーンジー島、イタリア、ウェールズ、ウクライナ、エストニア、オーストリア、オーランド諸島、オランダ、キプロス、ギリシア、グリーンランド、クロアチア、サンマリノ、スイス、スヴァールバル諸島、スウェーデン、スコットランド、スペイン、スロバキア、スロベニア、セルビア共和国、チェコ共和国、デンマーク、デンマーク領フェロー諸島、ドイツ、ノルウェー、バチカン市国、ハンガリー、フィンランド、フランス、ブルガリア、ベラルーシ、ベルギー、ポーランド、ボスニアヘルツェゴビナ、ポルトガル、マケドニア、マルタ、マン島、モナコ、モルドバ、モンテネグロ共和国、ラトビア、リトアニア、リヒテンシュタイン、ルーマニア、ルクセンブルク、ロシア、北アイルランド、北キプロス 
  • オセアニア
    サモア独立国、タヒチ島、トンガ王国、 ナウル共和国 、ニュージーランド 、バヌアツ、パプアニューギニア、フィジー諸島、ハワイ 
  • アフリカ
    ウガンダ、エジプト、ガーナ、ガボン、ケニア、コンゴ共和国、コンゴ民主共和国 、スワジランド、セーシェル共和国、セネガル、タンザニア、チャド、ナイジェリア、フランス領レユニオン、マダガスカル、マラウイ、モーリシャス、南アフリカ共和国
  •  中東・アジア
    アフガニスタン、アラブ首長国連邦、アルメニア、ウズベキスタン、サウジアラビア 、トルコ 、キルギス共和国 
  • 中南米
     アルゼンチン 、ウルグアイ 、エクアドル 、エルサルバドル 、グアテマラ 、コスタリカ 、コロンビア 、チリ 、ドミニカ共和国 、ニカラグア 、バージン諸島、パナマ 、パラグアイ 、プエルトリコ 、ブラジル 、ペルー 、ボリビア 、ホンジュラス 、メキシコ

 

Nomad SIM | データ超過後も最大速度5Mbpsで無制限に使える

(画像引用:Nomad SIM公式)

対応国 81か国以上
最安値プラン 1GB/3日間/1800円
おすすめデータプラン 1GB
通信事業者 Viettel
アプリ対応
テザリング対応
お問い合わせ方法 メールサポート(日本語)
対応時間 営業時間内(日本時間の平日10:00~17:00)
運営会社 株式会社Nomad Works
メリット 注意
  •  IT業界に精通した日本企業で安心のサポート体制
  •  データ超過後も最大5Mbspで無制限利用可
  •  長期の期間ほど割安
  •  アプリのDLも、会員登録も不要
  •  アプリがなく残ギガ量の確認不可
  •  問い合わせはメールのみ

\ 最大5Mbpsの速度で無制限利用が可能 /

Nomad SIMの公式サイト

長期滞在ならコスパよし

 

Nomad SIMは世界81か国で使えるeSIMプランを展開しています。

運営元は東京都銀座にある株式会社Nomad Works。IT通信に精通した日本の企業なので、サポートにも安心感があります。

 

eSIMの利用は公式サイトでの申し込みだけで会員登録不要です。購入後送られてくるQRコードを読み込むだけで設定完了。

アプリを利用したくないユーザーにとってはわかりやすいサービスでしょう。

 

Nomad SIMは1日1GBまでしか使えない縛りもありますが、容量超過後は最大5Mbpsで通信できるので実質無制限といえます。

その分、Nomad SIMは、トリファやairaloに比べて料金が割高です。

通信速度が5MbpsでOKな方なら、無制限プランとして十分な利用価値があるといえます。

 

編集部

最大5Mbpsで利用できるのは、LINEなどをチェックするのにはありがたい!

 

\ 最大5Mbpsの速度で無制限利用が可能 /

Nomad SIMの公式サイト

 

渡航期間での料金比較 | ベトナムで一番安いeSIMはこれ

ベトナム旅行で使えるeSIMで一番安いサービスはどれでしょうか。この章では、ベトナムへの渡航期間を短期・中期に分けて、eSIMの料金比較をします。

 

eSIMの料金比較 | 1日・3日間・5日間・7日間

1日・3日間・5日間・7日間の短い渡航期間によるeSIMサービスの料金比較を見てみましょう。

 

eSIMサービス ギガ/日数/料金※1
トリファ

1GB/7日間/690円
3GB/7日間/1,650円
10GB/7日間/5,000円
airalo

1GB/7日間/4.5$
2GB/15日/7$
3GB/30日間/9.5$
Holafly

データ無制限/5日間/2,400円
データ無制限/7日間/3,400円
Nomad eSIM※2 1GB(1日)/3日間/1,800円
1GB(1日)/5日間/2,700円
1GB(1日)/7日間/3,600円
TRAVeSIM※3 6GB/8日間/1,980円

※1 2024年1月末時点の料金です。最新の料金シュミレーションは各eSIM公式サイトでご確認ください。
※2 Nomad eSIMは1日1GBまで利用できる。(データ超過後は最大5Mbpsで実質無制限)
※3 TRAVeSIMはASIA周遊プランの料金です。利用期間内ならベトナム以外30の国と地域で利用できます。

 

ベトナムへ短い旅程で行くなら、トリファ・airaloが安い価格です。

ただし、データ少量プランで利用しないと価格は高くなる傾向にあるので、データ無制限でギガ使い放題がよいならHolaflyをおすすめします。

また、TraveSIMはベトナム以外のアジア地域でも8日間以内なら6GB使えるので、複数の国をまわるなら便利です。

 

短期のベトナム旅行で安いeSIMまとめ

 

eSIMの料金比較 | 10日間・15日間・30日間

10日間・15日間・30日間の短い渡航期間によるeSIMサービスの料金比較を見てみましょう。

 

eSIMサービス ギガ/日数/料金※1
トリファ

3GB/15日間/1,650円
5GB/15日間/2,610円

10GB/31日間/5,000円
30GB/31日間/14,570円
airalo

2GB/15日/7$
3GB/30日間/9.5$
5GB/30日間/13$
10GB/30日間/21$
20GB/30日間/32$
Holafly

データ無制限/10日間/4,400円
データ無制限/15日間/5,700円
データ無制限/30日間/8,400円
Nomad eSIM※2 1GB(1日)/30日間/15,000円
TRAVeSIM※3 6GB/15日間/3,980円

※1 2024年1月末時点の料金です。最新の料金シュミレーションは各eSIM公式サイトでご確認ください。
※2 Nomad eSIMは1日1GBまで利用できる。(データ超過後は最大5Mbpsで実質無制限)
※3 TRAVeSIMはGLOBALプランの料金です。利用期間内ならベトナム以外140の国と地域で利用できます。

 

3GB~10GB以内のデータ通信なら、トリファ・airaloが安い価格です。

ただし、10GB以上のデータ無制限でギガ使い放題がよいならHolaflyをおすすめします。

また、TraveSIMはベトナム以外の140ヵ国で15日間以内なら6GB使えるので、世界中の国をまわるなら便利です。

 

中長期のベトナム旅行で安いeSIMまとめ

 

ベトナムでeSIMを使うときの設定方法

ベトナムでeSIMを利用するときの一般的な設定方法について解説します。

スマホのOS、バージョンによって異なるので、下記から該当の箇所へスクロールしてご覧ください。

※ iOS16以前のiPhone、Androidは別デバイスに表示させたQRコードを読み取る必要があります。1台しかスマホがない場合は、あらかじめQRコードを印刷しておきましょう。

 

iOS16以前のiPhoneの設定方法

iOS16以前のiPhoneで、ベトナム旅行用のeSIMを設定します。

Wi-Fi環境下で、iPhoneの設定アプリを開きましょう。

モバイル通信からeSIMを追加を選択します。

 

QRコードを使用を押し、別デバイスに表示、もしくはあらかじめ印刷したメールのQRコードをスキャンします。
eSIMをアクティベートで「続ける」を押し、完了させます。

 

※ここから先はベトナムに着いてから設定しましょう!(電波が繋がれば、自動的に日数カウントが始まります)

 

モバイルデータから先ほどダウンロードしたeSIMを選択(私は名前をわかりやすいようにHolaflyに変えました)。

 

データローミングがOFFになっているため、ONにしましょう。LTEの電波が繋がると、利用可能です。

 

iOS17以降のiPhoneの設定方法

Wi-Fi環境下で、iOS17以降のiPhoneでの設定方法です。

iOS17では、1台のデバイスでeSIMのアクティベーションが可能となりました。

 

事前にiPhoneでメールに届いたQRコードをスクショしておきましょう。

モバイル通信からeSIMを追加を選択します。

 

QRコードを使用から写真を開きます。

 

先ほどスクショしたQRコードを読み取りましょう。eSIMをアクティベートで「続ける」を押し、完了させます。

 

※ここから先はベトナムに着いてから設定しましょう!(電波が繋がれば、自動的に日数カウントが始まります)

 

モバイルデータから先ほどダウンロードしたeSIMを選択(今回はHolaflyでおこないます)。

 

データローミングがOFFになっているため、ONにしましょう。LTEの電波が繋がると、利用可能です。

 

Androidでの設定方法

Androidでのベトナム旅行用のeSIM設定方法を見ていきましょう。

Wi-Fi環境下で、Androidの設定アプリを開きます。

ネットワークとインターネットからSIMを選択。

 

SIMをダウンロードしますか?をタップし、次へを押します。

 

メールに届いたQRコードスキャン。

 

※ここから先はベトナムに着いてから設定しましょう!(電波が立てば、自動的に日数カウントが始まります)

 

ネットワークとインターネット→SIMダウンロードした一時帰国用のeSIMが追加されたので、タップ。

 

SIMを使用にスイッチを入れベトナム用のeSIMを選択。電波が立てば開通OKです。

 

よくある質問

ベトナム旅行で便利なeSIMのよくある質問をまとめました。ベトナムでeSIM利用を検討している方は、ぜひ参考にしてください。

 

スマホがeSIM対応しているの確認方法は?

eSIMが使えるiPhoneの機種は?

eSIM対応のiPhoneは以下をご覧ください。

参考

  • iPhone14シリーズ
  • iPhone13シリーズ
  • iPhone12シリーズ
  • iPhone11シリーズ
  • iPhoneXS、iPhoneXR
  • iPhoneSE第2世代、第3世代

 

eSIMが使えるAndroidの機種は?

AndroidのeSIM対応は以下の流れで確認可能です。

 

「設定アプリ」から「デバイス情報」を選択。

 

「SIMのステータス」を確認。画面下部、EID....と記載されたナンバーがでれば、eSIM対応です。

 

ベトナムでesimを使うのにsimロック解除は必要?

ベトナムでeSIMを利用する場合、SIMロック解除は必要です。お手持ちのスマホがSIMロック解除がされているか不明の方は、各通信事業者・メーカーに問い合わせして確認してください。

 

データローミング用のeSIMは通話やSMSできますか?

多くのベトナム旅行用eSIMサービスは、データ回線専用で音声通話やSMS受信に対応していません

しかし、eSIMは国内用のSIMカードとデュアル回線として併用できます。ベトナムでも日本の電話番号を使ってSMS、音声通話が可能です。
※デュアル回線...SIMを音声回線とeSIMをモバイルデータ回線として、2つ同時に使うこと。

 

eSIMと国内用のSIMカードのデュアル回線とは?

iPhoneとAndroidでは、物理SIMとeSIMのデュアルスタンバイ(同時利用)が可能です。
※eSIM対応端末に限ります。また、iPhoneはiPhone13以降、eSIM同士のデュアルSIMにも対応しました。

SIMとeSIMの同時利用法

  • SMS、音声通話→SIMスロットにささっているSIMカード
  • モバイルデータ通信→eSIM

上記のようにSMSとモバイルデータ通信を、SIMとeSIM別々で同時に使えます。

 

eSIMと国内用のSIMカードのデュアル回線のやり方とは?

下記から、利用しているスマホを選択して設定方法を確認してください。

 

iPhoneのデュアル回線設定方法

iPhoneの設定アプリから操作しましょう。

iOSデュアルSIM設定01
設定画面からモバイルデータ通信に移ります。
物理SIMがオンになっている状態で、モバイルデータ通信で使いたいeSIMをタップ。

 

iOSデュアルSIM設定02
「この回線をオンにする」をタップ。スイッチをにしましょう。

 

iOSデュアルSIM設定03
電波が2本になるので、「モバイルデータ通信」をタップし、物理SIMからeSIMに切り替えます。
モバイルデータ通信がeSIMになり、デフォルトの音声回線が物理SIMになればデュアル回線の設定完了です。

 

Androidのデュアル回線設定方法

今回はPixelで解説します。Androidの設定アプリから操作しましょう。

 

AndroidデュアルSIM01
モバイルネットワークからSIMを選び、無効化されているダウンロード済みのeSIMを選択します。(このとき物理SIMはオンにしておきましょう)

 

AndroidデュアルSIM02
選んだeSIMをオンにし、データを使用するSIMをeSIMにします。通話、SMSのSIMが物理SIMで有効、モバイルデータがeSIMで有効になればデュアル回線になっています。

 

ベトナムで使える無制限のeSIMは?

ベトナムでデータ無制限で通信できるeSIMはHolaflyです。

 

ベトナム旅行で最も安いeSIMは?

ベトナム旅行で最も安いeSIMは渡航期間や利用するギガによって異なります。

ただ、少量の格安データプランがあるのはトリファairaloです。

 

電話番号付きのベトナムで利用できるeSIMサービスはありますか?

ベトナムで使える電話番号付きのeSIMサービスはありません。

eSIMではないですが、KKdayAmazonではマレーシアで使える音声通話付きのSIMカードを販売しています。

 

eSIMを購入後のキャンセルはできますか?

多くのeSIMサービスがデータプラン購入後はキャンセルできません。

トリファのように保険オプションを付帯すれば、キャンセルできるサービスもあるため、各eSIM事業者に確認しましょう。

 

ベトナム旅行で使えるeSIMのクーポンはありますか?

各eSIM事業者ではクーポンが発行されている場合があります。当サイト限定のクーポンコードは下記を参照してください。

eSIM事業者 【当サイト限定】クーポンコード クーポン特典
トリファ "O8YFFL" 初回5%OFF
airalo "RIJIQN9949" 初回3$OFF
Holafly "APPHAX01" 初回5%OFF

ベトナムのeSIM購入時に上記のクーポンコードを利用すると、特典に応じた割引が受けれます。

 

まとめ

この記事のまとめ

  • ベトナム旅行にはスマホ内蔵型のeSIMが便利
  • ベトナム旅行でeSIMを選ぶコツは渡航期間・データ量から安いeSIMを選ぶ
  • 少量データプランならairaloトリファがおすすめ
  • 無制限データプランならHolaflyがおすすめ
  • 日本語サポートがあるeSIMはトリファ、Holaflyがおすすめ

この記事では、ベトナム旅行用におすすめのeSIMサービスを5選紹介しました!

ベトナムは東南アジアの新興国でも、多くの魅力にあふれた国として注目の観光地です。ベトナムには歴史のある古都もたくさんあり、フランス植民地時代の名残やエキゾチックな雰囲気も味わえます。

スマホの通信はeSIMに任せて、ぜひベトナムを心行くまで満喫してください

 

こちらもCHECK

【日本で購入可】台湾旅行はWiFiとSIM・eSIMどっちにする?【徹底比較】

悩む人 台湾旅行でWiFiの準備は必要? 今はSIMやeSIMもあるけど、どれが一番よいのか分からない...   この記事は上記の悩みに答えます。   この記事でわかること 台湾の ...

続きを見る


こちらもCHECK

電話番号付きは必要?韓国旅行はWiFiとSIM・eSIMどっち?【2024年】

悩む人 韓国に行くんだけど、スマホのインターネット接続どうしよう...現地のWi-Fiは使えるのかな?それとも日本でSIMやレンタルWiFiを準備していった方がよい?韓国でお店を予約するとき電話番号が ...

続きを見る

 

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

Kouto

元モバイル販売ストアマネージャー(8年) | 現在は月間100万PVを超える通信メディアのSEOディレクターとして独立 | 兼ブロガー | モバイルの営業活動や顧客サポートに従事した経験を活かし、より多くの人々のスマホライフの支えになりたいと考える | 2022年9月20日、新しいモバイルのプラットフォーム『App Latte』を立ち上げ | 暮らしに役立つスマホアプリ、通信サービスを取り扱う。

-eSIM/プリペイドWiFi, 海外旅行向けのeSIM