人気VPN

【人気上昇中】Atlas VPNの評判は?有料版と無料版の違い、使い方を徹底解説

2023年10月24日

当サイトは広告を掲載しており、広告収益で運営されています。 (ランキングは、当サイトの記事コンテンツ・ランキング制作ポリシーの基準に応じる)

Atlas VPNは、数あるVPNのなかでも最安値クラスのVPNプロバイダとして人気。

VPN最大手のNord VPNを提供するNord Securityに買収されたこともあり、世界で認知度が急上昇しました。

Nord Securityの新しいVPNサービスが月額240円ほどで使えるため、VPN選びの候補に入っている方も多いのではないでしょうか。

 

最初にAtlas VPNのメリット、デメリットをお伝えすると下記の通り。

メリット デメリット
  •  月額料金が安く最安値241円~利用できる
  •  無料版でお試しできる
  •  アメリカのサーバーが多い
  •  30日間返金保証
  •  同時接続台数が無制限で使える
  •  大手Nordsecurtyグループで安全性が高い
  •  サーバー数がメジャーVPNと比べると少ない
  • ● 日本の動画配信サービスに弱い
  • ● 韓国の動画ストリーミングに非対応
  • ● 中国での接続は不安定
  • ● サポートは日本語非対応
  • ● ノーログだが、100%のプライバシー保証はなし

\ 月額200円台の最安値価格 /

Atlas VPNの公式サイトはこちら

30日以内の解約・返金なら0円

 

Atlas VPNは現在、有料版と無料版2つのサービスを提供しています。

この記事では、Atlas VPNの基本情報を紹介した上で、有料版と無料版の違い、評判を徹底調査。

 

Atlas VPNの契約を考えている方に、Atlas VPNは実際おすすめなのかを明らかにします

購入方法から使い方までを解説するので、Atlas VPNの検討している方はぜひ参考にしてください。

また、AtlasVPNを含めた当サイトおすすめVPNは下記の記事で紹介しています。

 

\ 当サイトおすすめのVPN解説記事はこちら /

人気VPNランキング7選を見る

選び方、活用術もまとめてチェック!

 

 

Atlas VPNの基本情報

(画像引用:Atlas VPN公式)

料金 月額239円
サーバー設置国数 49か国
サーバー数 1,000台以上
通信量の上限 無制限(有料版)
VPN規格 WireGuard,IKEv2/IPsec
同時接続 無制限(有料版)
ノーログポリシー
サポート チャット、メール(英語)
設立 2019年
本社 アメリカ合衆国

Atlas VPNは、本社をアメリカ合衆国に置く業界でも超最安値レベルの格安VPNプロバイダです。

そして、世界最大手のNord VPNを提供するNord Securityの傘下となっているため、安全性も保証されています。

実際、Nord VPNが提供するウィルススキャン、広告ブロックなどの豊富なセキュリティ機能もAtlas VPNは装備します。

 

編集部

Atlas VPNは格安VPNといえど、あなどれない性能を持っています。

 

\ 月額200円台の最安値価格 /

Atlas VPNの公式サイトはこちら

30日以内の解約・返金なら0円

 

このAtlas VPNには有料版と無料版が存在するため、次章で2つの違いについて明らかにしましょう。

 

Atlas VPNの有料版と無料版の違い

この章では、Atlas VPNの有料版と無料版の違いを見ていきます。まずは以下の比較表をご覧ください。

【有料版】Atlas VPN 【無料版】Atlas VPN
通信容量 無制限 5GBまで
サーバー国 49ヵ国 3ヵ国
サーバー数 1,000ヵ所 4ヵ所
日本サーバー
同時接続数 無制限 1台
プロトコル Wireguard,IKev2/IPSec Wireguard,IKev2/IPSec
SafeBrowse
(ウィルススキャン)
サポート ライブチャット、メール メール

結論、有料版じゃないとAtlas VPNをメインで利用するならかなり厳しいです。

そもそも無料版は通信容量が5GBまでしかないので、動画ストリーミングをする場合、一瞬で速度制限にかかってしまいます。

海外からNetflix、Amazonプライムなど日本国内の動画配信サービスを見るなら通信容量が無制限の有料版一択です。

 

サーバー設置国・サーバー数も有料版のAtlas VPNは49ヵ国1,000ヵ所以上を利用できますが、無料版のサーバーはシンガポール、アメリカ、オランダの3ヵ国4ヵ所のみ

日本サーバーへのアクセスは有料版のAtlas VPNのみとなっています。

もちろん日本サーバーに対応していないと、日本の国内限定サービスは利用できません。

 

以上の理由から、メインのVPNで利用するには、Atlas VPNの無料版はおすすめできません

あくまで無料版は、Atlas VPNとはどんなものかお試しで使ってみたい方向けのおまけ程度として考えましょう。

 

次章では、有料版Atlas VPNを他社と比較したときのメリット、デメリットについて解説します。

 

【メリット】Atlas VPN

では、他社のVPNプロバイダと比較して、Atlas VPNのメリットを見ていきましょう。ここからは、あくまでAtlas VPNの有料版を他社と比較した結果になります。

Atlas VPNの主なメリットは下記の5つです。

Atlas VPNのメリット

  • 月額料金が安く最安値241円~利用できる
  • 無料版でお試しできる
  • アメリカのサーバーが多い
  • 30日間返金保証がある
  • 同時接続台数が無制限で使える
  • 大手Nordsecurtyグループで安全性が高い

上から順番に解説していきます。

 

月額料金が安く最安値239円~利用できる

Atlas VPNの最大の魅力は月額料金の圧倒的な安さ

2年契約の月額料金は239円~で超格安ですが、別のプランでも他社と比べて最安値レベルになっています。

Atlas VPN Express VPN Nord VPN Millen VPN Surfshark
2年契約 239円/月 - 560円/月 396円/月 332円/月
1年契約 431円/月 999円/月 660円/月 594円/月 598円/月
6ヶ月契約 - 1,496円/月 - - -
1ヶ月契約 1,573円/月 1,940円 1,920円/月 1,580円/月 2,317円

2年継続して使うとすると、Atlas VPNは一番価格が高いExperss VPNと比べて17,800円ほどコストを下げれます

年々、どのVPNサービスも徐々に価格が上がってきています。

2年間の合計が5,000円ちょっとで使えるAtlas VPNは、かなりコスパが良いVPNといえるでしょう。

 

無料版でお試しできる

大手メジャープロバイダは返金制度があっても、完全無料のトライアルを設けているVPNサービスは多くありません。

その点、Atlas VPNは使えるサーバー数や通信容量に制限があるものの無料版があります

メインで利用するには機能制限が厳しすぎますが、VPNがどんなものか試したい方は利用してみるとよいでしょう。

 

アメリカのサーバーが多い

Atlas VPNはアメリカにある多くの州へ設置されたVPNサーバーを利用できるため、アメリカ国内向けのサービスに適しています。

例えば、ピーコック、Paramount+、HBO MAXなどアメリカでしか見れない動画配信サービス見るのにおすすめです。

アメリカへのVPN接続を考えている方は、Atlas VPNも候補に入れておきましょう。

 

30日間の返金保証がある

Atlas VPNは30日間の返金保証があります。

万が一、利用したいサービスが使えないときも期間内なら全額返金されるので安心です。

 

同時接続台数が無制限で使える

Atlas VPNは、同時接続数が無制限で使える数少ないVPNプロバイダです。現在、同時接続数が無制限のVPNプロバイダはAtlas VPNとSurfsharkのみ。

Nord VPNは6台、Express VPNは5台までしか利用できないため、家族で複数デバイスを利用すると同時接続数の上限にすぐ達してしまいます

Atlas VPNは同時接続数を気にせず、家にあるPCやスマホ、タブレット、ネットワークデバイス、TV、ゲーム機のあらゆる物をVPN接続可能です。

超格安料金なのに1アカウントで全て完結できるのは、Atlas VPNの大きな魅力でしょう。

 

大手Nord Securtyグループで安全性が高い

Atlas VPNは元々アメリカの企業の一つでしたが、Nord VPNを運営するNord Secutityに買収されました

Nord Securityは世界的に有名なサイバーセキュリティ会社で、2022年の資金調達で評価額は16億ドル(約2,000億円)に及んでいます。

Nord Securtityは、Atlas VPNのほかにSurfsharkも買収しており、文字通りサイバーセキュリティ業界の最大手。

Atlas VPNも親会社がNord Securityになったため、安心して利用できるVPNの一つとして認知度を高めています。

 

【デメリット】Atlas VPN

続いてAtlas VPNのデメリットを見ていきましょう。Atlas VPNのデメリットは以下の5つです。

Atlas VPNのデメリット

  • サーバー数がメジャーVPNと比べると少ない
  • 日本の動画配信サービスに弱い
  • 韓国の動画ストリーミングに非対応
  • 中国での接続は不安定
  • 日本語に非対応
  • ノーログだが、100%のプライバシー保証はなし

 

サーバー数がメジャーVPNと比べると少ない

Atlas VPNは世界49ヵ国に1,000ヵ所以上のVPNサーバーを持ちます。

このサーバー数は、全世界に5,883ヵ所のサーバーを持つNord VPN、3,000ヵ所のExpress VPNのメジャーVPNサービスと比較するとやや物足りない数です。

接続できるサーバー数は多いほど、安定した通信品質を維持できたり、多くの国が自国で提供するサービスを利用できます。

ただ、この2~3年でAtlas VPNのサーバー数は200以上も増加。Nord Secutrityの傘下になった今、資金力を使ってさらなる成長が充分に見込めるでしょう。

 

日本動画配信サービスに弱い

Atlas VPNは、日本の動画配信サービスの視聴にはあまり向いていません

これはAtlas VPNの日本のサーバーが多くはないことが影響しています。

実際に当サイトで検証した結果、NetflixやAmazonプライムの視聴は非常に不安定でした。最新の視聴判定表はこちらをご覧ください。

国内向けの動画配信サービスを視聴するなら、Nord VPNやMillne VPN、スイカVPNの国内産VPNをおすすめします。

 

韓国の動画ストリーミングに非対応

Atlas VPNは前述のサーバー数の少なさが仇となり、韓国にVPNサーバーがありません

よって現時点では、韓国の国内向けの動画ストリーミングサイトには非対応です。今後、アップデートにより韓国サーバーも使えるようになる可能性はありえます。

ただし、今すぐNaver TVやTVINGの韓国発ストリーミングサービスを利用するなら、韓国サーバーに対応するNord VPN、Millen VPNなど別のVPNサービスがおすすめ。

 

中国での接続は不安定

Atlas VPNは中国でのVPN接続には不安定でおすすめできません。

これはAtlas VPNに限ったことではなく、中国での政府主導によるネットワーク規制で多くのVPNサービスが直面する課題となります。

中国渡航者は、中国用に開発された日本産のVPNサービス”スイカVPN”がおすすめです。

 

公式サイト、サポートは日本語非対応

Atlas VPNのアプリは日本語に対応していますが、公式サイトやサポートは日本語非対応

公式サイトは、Googleクロームの拡張機能で翻訳することをおすすめします。

また、ライブチャットやメールサポートは英語に不慣れな場合、翻訳アプリを使って利用することになります。

この辺りは日本語が整備されているメジャーVPNと違い、使い勝手が悪いところです。

 

ノーログだが、100%のプライバシー保証はなし

Atlas VPNが拠点を置くアメリカ合衆国は5-Eyes(ファイブアイズ)加盟国です。

5-Eyesは、アメリカやイギリスなど5ヵ国からなる機密情報の共有協定です。シンプルにいうと、「外国スパイを監視する目的で、電話やFAXを含む電子ツールのデータ保持と共有を加盟国間で行いますよ」というもの。

アメリカのVPNサービスであるAtlas VPNも政府から要請があった場合、データの提出に応じる義務があります。

Atlas VPNはノーログを公表しておりますが、5-Eyesがあるため100%のプライバシー保証はされていません

100%のプライバシー保護を考えるなら、情報保持義務がない国で提供されるNord VPN、Surfshark VPNなど別のVPNサービスを選びましょう。

 

\ 月額200円台の最安値価格 /

Atlas VPNの公式サイトはこちら

30日以内の解約・返金なら0円

 

 

【評判や口コミ】Atlas VPN

では、Atlas VPNの評判、口コミを見ていきましょう。Atlas VPNを契約検討する際の参考にしてください。

ただし、日本での知名度が低いため、X(Twitter)の口コミは英語になります。

 

価格が安く使い勝手がよい

結局、アトラスVPNを1ヶ月11ドルで契約した。実際、すごくいい。

 

中国では利用できない声がある

アトラスVPNは、すべてのサーバーとプロトコルを切り替えても、中国では利用できません。

 

Nord Securityが提供するVPNは好評価が多く信頼性が高い

AtlasのVPNを使っているが、今のところ良好だ。surfsharkについても良い評判を聞いています。

 

【結論】Atlas VPNがおすすめの人

結論、Atlas VPNがおすすめな人がどんな人でしょうか。下記にまとめました。

Atlas VPNがおすすめな人

  • とにかく安い価格でVPNを利用したい
  • VPNに接続したい台数が多い
  • 安定したアメリカのサーバーを使いたい
  • セキュリティ対策が強いVPNを使いたい

以上がAtlas VPNをおすすめできる人です。

逆に「もっと高速でサーバー数が多いVPNを使いたい」「日本語サポートに対応したVPNを利用したい」場合は、別のVPNプロバイダがおすすめ。

 

下記の記事では、おすすめVPNをランキング形式で紹介しています。ぜひご参考にしてください。

 

Atlas VPNの購入方法

Atlas VPNの購入方法を見ていきましょう。

 

Atlas VPNの公式サイトにアクセスします。「Atlas VPNを入手する」を押しましょう。

 

3つのプランから好きな期間を選択します。おすすめは月額料金が80%近く安くなる2年プランです。

「お支払いへ進む」を押しましょう。

 

セキュリティ機能を追加するか聞いてくるので、追加するかスキップするかします。

 

Atlas VPNに登録するメールアドレスを入力しましょう。支払い方法を選択します。

支払い方法は以下のいずれから選びます。

  • クレジットカード
  • Google Pay
  • PayPal
  • 仮想通貨

 

支払いが完了するとマイページへのログイン画面に移るので、登録メールアドレスを入力

 

Atlas VPNのサインインコードがメールで送られてきます。

「Confirm sign-in」を押します。

 

マイページにアクセスできました。お使いのデバイス毎にアプリが用意されているので、ダウンロードしましょう。

次はデバイス毎の使い方を解説します。

 

【使い方】Atlas VPNで海外⇔日本のVPNサーバーへアクセス!

この章では実際に、Atlas VPNで海外⇔日本のVPNサーバーにアクセスする方法を解説します。

デバイス毎にジャンプして参照ください。

 

Windowsでの使い方

Windowsでの使い方を解説します。

ダウンロードしたWindows版アプリケーションを開きましょう。

 

「既にアカウントをお持ちの方はこちら、ログイン」を押します。

 

Atlas VPNに登録したメールアドレスを入力「ログイン」を押します。

 

登録メールアドレスに届く確認メールから「Confirm sign-in」を押します。

 

ブラウザが開くのでポップアップの「Atlas VPNを開く」を押します。

 

Atlas VPNのアプリにログインができました好きな国のサーバーに接続しましょう。

試しに日本のサーバーを選んで接続します。

 

接続ボタンが緑になればOK!日本のサーバーにアクセスできています。

 

iOSの使い方

Atlas VPNのiOSデバイス(iPhoneやiPad)での使い方を見ていきます。

まずはアプリケーションをインストールしましょう。

 

Atlas VPN: fast VPN for iPhone

Atlas VPN: fast VPN for iPhone

Atlas VPN無料posted withアプリーチ

上記からでもダウンロード可能です。

 

アプリを起動したら、「すでにアカウントをお持ちの方はこちら。サインイン」を押します。

登録したメールアドレスを入力して、ログインを押しましょう。

 

登録したメールアドレスに確認メールが届くので「Confirm sign-in」を押し、「開く」を押します。

 

アプリにログインするので、「場所を選択する」から好きな国のサーバーへ接続できます。

今回は日本を選んで見ます。

 

VPNへの接続許可を「了解」して、「許可」を押し、画面ロックのパスコードを入力します。

 

無事、日本サーバーへ接続完了です。

 

Androidの使い方

Atlas VPNのAndroidでの使い方を見ていきます。

まずはアプリケーションをインストールしましょう。

 

Atlas VPN: fast and secure VPN

Atlas VPN: fast and secure VPN

Atlas VPN無料posted withアプリーチ

上記からでもアプリをインストールできます。

 

アプリを起動したら、「すでにアカウントをお持ちの方はこちら。サインイン」を押します。

登録したメールアドレスを入力して、ログインを押しましょう。

 

登録したメールアドレスに確認メールが届くので「Confirm sign-in」を押し、「開く」を押します。

 

アプリにログインするので、「場所を選択する」から好きな国のサーバーへ接続できます。

今回は日本を選んで見ます。

 

接続リクエストを「OK」します。

 

無事、日本サーバーへ接続完了です。

 

まとめ

この記事のまとめ

  • Atlas VPNは業界最安クラスのVPNプロバイダ
  • 無料版のAtlas VPNはサーバー数が3つとおまけレベル
  • メインでAtlas VPNを利用するなら、日本含む750サーバーが使える有料版一択
  • Atlas VPNはNordsecurityグループで信頼性が高い
  • 韓国サーバーが使えないのは注意

この記事では、Atlas VPNの特徴、有料版と無料版の違いを徹底解説しました。

Atlas VPNは、メジャーVPNサービスのNord VPN、Express VPNなどに比べると、サーバー数は多くありません。

韓国の動画配信サービスを見たい方、なるべく通信品質が高く維持したい方は他のメジャーVPNを選ぶ方がよいでしょう。

 

ただAtlas VPNの月額料金は、Express VPNの約1/4で超格安レベル。Atlas VPNは、コストをなるべく抑えてVPNを利用したい方に充分おすすめできるサービスといえます。

以前は安かったSurfsharkのように、Atlas VPNも今後値上がりする可能性もあります。お安くVPNを使いたい方は値上がり前に購入しておく方がよいでしょう。

 

\ 月額200円台の最安値価格 /

Atlas VPNの公式サイトはこちら

30日以内の解約・返金なら0円

 

こちらもCHECK

トルコNGで最安値はウクライナ!YouTubeプレミアムがVPNで月額379円!

  悩む人 VPNでYoutubeプレミアムを安く登録できるって本当なの?安くできる方法を教えてほしい!   この記事は上記の疑問に答えます。2024年1月時点でYoutubeプレ ...

続きを見る


こちらもCHECK

【2024年】海外旅行中のメルカリ購入方法!VPNで地域制限を突破

悩む人 海外旅行中にメルカリでほしい商品を見つけたけど購入できない...!海外からメルカリを利用する方法はないの?   この記事は上記の悩みを解決します。   この記事でわかること ...

続きを見る

 

 

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

Kouto(こうと)

元モバイル販売ストアマネージャー | 月間100万PVを超える通信メディアのSEOディレクター | ブロガー |『VPN Hacks』を運営 | 東南アジアやヨーロッパ16ヵ国をバックパッカーで周遊 | 海外暮らしでは欠かせないVPNサービスについて発信します

-人気VPN